Blog

【厳選】おすすめWordPressテーマ6選【無料・有料どちらも解説】

 

WordPressテーマって、種類が多すぎてどれを選べばいいか分からない。無料・有料ともにおすすめを教えて欲しい。

 

本記事の内容

  • WordPressテーマを選ぶ基準4つ
  • WordPressのおすすめ無料テーマ2つ
  • WordPressのおすすめ有料テーマ4つ

 

WordPressテーマってほんと種類多すぎですよね。

 

僕もWordPressテーマを選ぶときに、調べまくりましたが、どれが良いかあまり分かりませんでした。

 

それぞれのテーマに特徴があるものの、どこを見ればいいか分からなかったですね。

 

しかしこの記事では、『WordPressテーマを選ぶ基準』から丁寧に解説しているので、自分に合ったテーマが見つかること間違いなしです。

 

ぜひこの記事を最後まで読んでいただき、自分に合うWordPressテーマを探していきましょう。

 

それでは、解説していきますね。

 

WordPressテーマを選ぶ基準4つ【ここだけ見ればOK】

 

WordPressテーマは本当にたくさんあり、選びずらいものです。

 

なので、まず最初にWordPressテーマを選ぶ基準を説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

WordPressテーマを選ぶ基準4つ

  1. 機能性
  2. デザイン
  3. 使いやすさ
  4. SEO対策がされているか

 

どういうことか、説明していきますね。

 

WordPressテーマを選ぶ基準その①:機能性

 

機能性とはその名の通り、ブログ運営にあたっての機能が充実しているかどうか、です。

 

例えば、以下のようなことですね。

 

  • 記事のスライドショー表示が可能
  • ブログカードをボタン1つで作成できる
  • 会話吹き出しをワンタッチで作成できる

 

こういった、機能が充実しているかどうかに着目することが大切。

 

詳しい機能については、各テーマのホームページに詳しく書かれているので、実際に見ることをおすすめします。

 

WordPressテーマを選ぶ基準その②:デザイン

 

『デザイン』とはそのサイトの雰囲気、人で言うと『見た目』を表しています。

 

『人は見た目が9割』とも言われますが、それはブログでも全く同じで、見た目が良くないと読者は減る一方です。

 

例えば、『かっこいい系のデザイン』だと、以下のような感じ。

 

 

シンプルな色合いで、スタイリッシュな雰囲気を醸し出すことができます。

 

『やわらかくて優しい系のデザイン』だと、以下のような感じです。

 

 

それぞれのサイトに合うものがあるので、しっかり検討しましょう。

 

WordPressテーマを選ぶ基準その③:使いやすさ

 

WordPresテーマは機能性やデザインだけでなく、『初心者でも使いこなせるか』も重要です。

 

いくら機能性やデザインが優れていても、使いこなすのに3か月もかかったらちょっと嫌ですよね。

 

中には、『HTML』『CSS』といったウェブ言語の知識が必要なテーマもあるので、自分に合ったものを選びましょう。

 

きれいなデザインに仕上げたい人は、無料テーマより有料テーマの方が、使いやすいことが多いです。

 

WordPressテーマを選ぶ基準その④:SEO対策がされているか

 

WordPresテーマによっては、

 

  • SEO対策が実装されているもの
  • SEO対策が実装されていないもの

 

この2つがあり、SEO対策が実装されているWordPresテーマでは、導入するだけで読者の数が増えることだってあります。

 

なので、できるだけSEO対策がされているWordPresテーマを選びましょう。

 

WordPress(ワードプレス)のおすすめ無料テーマ2つ

 

まずは、ブログ初心者でも使いやすい、WordPressのおすすめ無料テーマを紹介します。

 

WordPressのおすすめ無料テーマ2つ

  1. Cocoon(コクーン)
  2. Luxeritas(ルクセリタス)

 

それぞれ解説していきます。

 

無料テーマ①:Cocoon(コクーン)

 

機能性
デザイン
使いやすさ
SEO対策の有無
あり
値段
無料
総合おすすめ度

 

無料WordPresテーマ1つ目は、Cocoon(コクーン)。

 

Cocoonには以下のような特徴があります。

 

  • シンプルなデザイン
  • カスタマイズが簡単
  • レスポンシブルデザイン

『レスポンシブルデザイン』とは、読者の端末が何であろうと、最適な表示をしてくれる機能のことです。

 

無料テーマでありながら、機能性が高く使いやすいのが特徴です。

 

ただ、有料テーマのような綺麗なデザインを作るには、『HTML』や『CSS』といったWeb言語の知識が必要。

 

なので、そこまでデザインにこだわらないのであれば、Cocoonがおすすめです。

 

無料テーマ②:Luxeritas(ルクセリタス)

 

機能性
デザイン
使いやすさ
SEO対策の有無
なし
値段
無料
総合おすすめ度

 

おすすめの無料WordPressテーマ2つ目は、Luxeritas(ルクセリタス)。

 

「無料テーマではCocoon一択!」とおっしゃる方もいますが、Luxeritasも負けてません。

 

Luxeritasの特徴を解説しますね。

 

Luxeritas(ルクセリタス)の特徴3つ

  • 設定項目が多い
  • レスポンシブルデザイン
  • 知識があればかっこいいデザインが作れる

 

Luxeritasはなんといっても、設定項目が多いのが特徴です。

 

かゆいところに手が届くように、無料テーマでありながら色んな設定ができるので、こだわりたい人にはおすすめ。

 

しかも、レスポンシブルデザインも兼ね備えているので、かなり楽ですよ。

 

「有料テーマはちょっと。。。」という人は、選択肢の1つに入れてみてもいいかもしれません。

 

WordPress(ワードプレス)のおすすめ有料テーマ4つ

 

続いて『稼ぎたい人』には超おすすめな、WordPressのおすすめ有料テーマ4つを紹介していきます。

 

WordPressのおすすめ有料テーマ4つ

  1. AFFINGER5(アフィンガー5)
  2. SWELL(スウェル)
  3. THE・THOR(ザ・トール)
  4. SANGO(サンゴ)

 

ちなみに僕は、AFFINGER5(アフィンガー5)を使っています!

 

以下の記事でアフィンガー5を徹底レビューしているので、気になる方はぜひご覧ください。

 

AFFINGER5の正直な感想・口コミを解説【ブログ初心者でも使える】

続きを見る

 

詳しく解説していきますね。

 

有料テーマ①:AFFINGER5(アフィンガー5)

 

機能性
デザイン
使いやすさ
SEO対策の有無
あり
値段
14,800円
総合おすすめ度

 

AFFINGER5(アフィンガー)は、実績を出しているアフィリエイターさんも愛用しているWordPresテーマです。

 

AFFINGER5(アフィンガー)の特徴

  • 稼ぐことに特化
  • 強固なSEO対策済み
  • 設定できる項目がかなり多い
  • 簡単にきれいなデザインが作れる
  • HTML・CSSの知識がほぼいらない

 

ぶっちゃけ、本気で『月5万』『月10万』稼ぎたいと思うなら、今のところAFFINGER5がベスト。

 

このサイトもAFFINGER5を使っていますが、無料テーマと比べて、記事の質やデザインが明らかに上がりました。

 

以下の記事で、無料テーマからAFFINGER5に変えたメリットを詳しく解説しているので、よければご覧ください。

 

ルクセリタスからアフィンガー5に移行した5つのメリット【実体験あり】

続きを見る

 

>>AFFINGER5(アフィンガー5)を詳しく見る

 

有料テーマ②:SWELL(スウェル)

 

機能性
デザイン
使いやすさ
SEO対策の有無
あり
値段
17,600円
総合おすすめ度

 

SWELL(スウェル)はデザインが綺麗なのはもちろん、『ブロックエディター』という編集画面が使いやすいテーマです。

 

『ブロックエディター』が分からない人のために、補足しておきますね。

 

WordPressで記事を書いていくのに、必ず必要なのが編集画面。その編集画面がWordPress5.0のアップデートにより『ブロックエディター』というのに変わったのですが、そのままでは使いにくく、多くの人は『Classic Editor』というプラグインを使って、旧エディターで記事を書いています。

 

SWELL(スウェル)の特徴

  • 利用者は少なめ
  • シンプルなデザイン
  • サイトスピードが速い
  • ブロックエディターの使いやすさNo.1
  • SWELL購入者専用のアフィリエイトがある

 

SWELLは利用者が少ないですが、裏を返せば『他のブログと差別化』ができます。

 

有料テーマでは、WING(AFFINGER5)が多くを占めているので、差別化をして多くの人に見てもらいたい人にはおすすめ。

 

使いやすい編集画面で、サクサク記事を生産していきたい人にはピッタリなWordPressテーマです。

 

>>SWELL(スウェル)を詳しく見る

 

有料テーマ③:THE・THOR(ザ・トール)

 

機能性
デザイン
使いやすさ
SEO対策の有無
あり
値段
16,280円
総合おすすめ度

 

THE・THOR(ザ・トール)は、SEO対策や集客に強く、操作がめちゃくちゃ簡単なWordPressテーマです。

 

THE・THOR(ザ・トール)の特徴

  • なんかおしゃれ
  • バランスが良い
  • 操作がかなり簡単
  • SEO対策もバッチリ
  • 自分好みのデザインが作れる

 

ぶっちゃけ有料テーマであっても、何かがずば抜けて凄ければ、他の部分は劣っていることがあります。

 

例えば、『SEO対策の性能はかなり良いけど、設定項目が少なくオリジナリティが出せない』、こんな感じですね。

 

しかし、THE・THORはそのバランスがとれているので、どこかが劣っていることはほぼありません。

 

操作が簡単なのも大きな特徴なので、上手く使いこなせるか不安な人はおすすめ。

 

>>THE・THOR(ザ・トール)を詳しく見る

 

有料テーマ④:SANGO(サンゴ)

 

機能性
デザイン
使いやすさ
SEO対策の有無
あり
値段
10,800円
総合おすすめ度

 

SANGO(サンゴ)は、やわらかい雰囲気の、めちゃくちゃ読みやすいWordPressテーマです。

 

SANGO(サンゴ)の特徴

  • 機能が充実
  • 優しく居心地の良い雰囲気
  • ストレスフリーなデザイン
  • ブロックエディターにも対応
  • 30種類以上もの見出し・ボタン・ボックスデザイン

 

SANGOは見出し・ボタンなどの種類が多いなど、デザイン機能が充実しているのが特徴。

 

かっこいい系というよりは、圧倒的に『優しい系』のデザインなので、そんなサイトを作りたい人にはピッタリです。

 

ブロックエディターにもしっかり対応しているので、『Classic Editer』がなくなってしまっても安心。

 

デザインの好みは人それぞれですが、『優しい雰囲気のサイト』で稼いでいきたい人は、SANGOで決まりです。

 

>>SANGO(サンゴ)を詳しく見る

 

まとめ:自分に合ったテーマで、WordPressを快適に利用しましょう

 

最後に、おすすめのWordPressテーマをまとめておきますね。

 

おすすめWordPressテーマまとめ

WordPressのおすすめ無料テーマ2つ

  1. Cocoon(コクーン)
  2. Luxeritas(ルクセリタス)

 

WordPresのおすすめ有料テーマ4つ

  1. AFFINGER5(アフィンガー5)
  2. SWELL(スウェル)
  3. THE・THOR(ザ・トール)
  4. SANGO(サンゴ)

 

WordPressのテーマ選びはかなり悩むと思いますが、それぞれ特徴があるので、自分に合ったテーマをはじめから使うことが大切です。

 

途中からテーマを変えることはできますが、デザインが合わずに書き直すことが死ぬほど大変なので、おすすめできません。

 

10記事ほどなら頑張れますが、20記事、30記事となっていくと、かなりきついです。

 

本記事で解説した各テーマの特徴を見て、自分に合ったテーマを使っていきましょう。

 

-Blog

© 2021 デカブログ Powered by AFFINGER5