ブログ

WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する【手順&見方】

 

Googleサーチコンソールってどうやって登録すればいいの?登録方法と、ついでに使い方についても教えて欲しい。

 

このような疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する手順
  • Googleサーチコンソールで必ず見ておきべき項目4つ
  • Googleサーチコンソールを使って、収益化を加速させましょう

 

本記事では上記の通り、Googleサーチコンソールの設定方法と見るべき項目(使い方)について、画像を使いつつ解説していきます。

 

『Googleサーチコンソール』とは、WordPressを使ったアフィリエイターならほぼ全員が使っている無料ツールです。

 

正直、本当に無料でいいのか不安になるレベルです!

 

ブログで集客して稼いでいく上で必須のツールなので、この機会にサクッと登録してしまいましょう。

 

『Googleサーチコンソール』の兄弟のような存在の『Googleアナリティクス』という無料ツールもあり、こちらも必須。

 

下記記事で、Googleアナリティクスの設定方法から使い方まで説明しているので、よければそちらもご覧ください。

 

WordPressでGoogleアナリティクスを登録する【手順&見方】

続きを見る

 

前置きが長くなってしまい、申し訳ありません。さっそく解説します。

 

WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する手順【たった2ステップ】

 

WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する手順は、以下の通り。

 

WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する手順

  1. Googleアナリティクスを設定
  2. GoogleサーチコンソールでURL入力

 

それぞれ解説していきますね。

 

WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する手順その①:Googleアナリティクスを設定

 

Googleサーチコンソールなのに、『Googleアナリティクス』が出てきて意味分からないですよね。

 

説明します。

 

Googleアナリティクスの設定が必要な理由は、Googleサーチコンソール設定の『所有権の確認』という作業をせずに済むからです。

 

つまり、Googleアナリティクスを設定しておくと、Googleサーチコンソールの設定がスムーズに進むということ。

 

Googleアナリティクスの設定は、以下の記事で解説しているので、まだの人は設定しておきましょう。

 

WordPressでGoogleアナリティクスを登録する【手順&見方】

続きを見る

 

たった2ステップで終わるので、安心してください!

 

WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する手順その②:GoogleサーチコンソールでURL入力

 

Googleアナリティクスの設定が終わったら、以下からGoogleサーチコンソールの公式サイトへアクセスしましょう。

 

>>Googleサーチコンソールへアクセス

 

 

アクセスできたら、『Googleアナリティクスの設定のときに使ったGoogleアカウント』を使って、ログイン。

 

 

ログインできたら、『ドメイン』『URL プレフィックス』の選択画面が出てきます。

 

僕の画面では、『プロパティタイプの選択』とありますが、皆さんの画面では、『Google Search Console』となっていると思います。

 

そして、上記の画像のように『URL プレフィックス』の位置に、自身のブログURLを入力し、『続行』をクリック。

 

ブログのURLは『http』『https』という部分から、入力しましょう。

 

Googleアナリティクス設定の効果がここで発揮

 

次へ進むと、『所有権を自動確認しました』という画面が表示されますが、実はこれがGoogleアナリティクスを設定した効果。

 

本来ならここで、『所有権の確認』というめちゃくちゃ面倒くさい作業が邪魔をしてきます。

 

しかし、Googleアナリティクスの設定を先に済ましている皆さんは、その作業をカットできてしまいます。

 

これで、Googleサーチコンソールの設定は終了です。

 

おつかれさまでした!

 

Googleサーチコンソールで必ず見ておきべき項目4つ

 

Googleサーチコンソールで必ず見ておきべき項目は、以下の4つ。

 

Googleサーチコンソールで必ず見ておきべき項目4つ

  1. 検索パフォーマンス
  2. URL検査
  3. カバレッジ
  4. リンク

 

それぞれの箇所は、以下の通りです。

 

 

では、サラッと解説していきますね。

 

Googleサーチコンソールで必ず見ておきべき項目その①:検索パフォーマンス

 

検索パフォーマンスで見れる項目は、以下の5つ。

 

  • クリック数
  • 表示回数
  • CTR
  • 掲載順位
  • 検索クエリ

『CTR』は、表示された回数のうち、どれだけクリックしてもらえたかの割合。『検索クエリ』とは、ユーザーが検索するときに入力するワードのことです。

 

これらを見ることによって、以下の内容を知ることができ、書き直すときの材料になります。

 

  • どの記事がよく検索されているか
  • 自分の記事が上位表示されているか
  • 自分の狙ったキーワードで検索上位をとれているか

 

狙ったいたのと違うキーワードで検索されている場合は、上手く書き直すことで上位表示させることができます。

 

Googleサーチコンソールで必ず見ておきべき項目その②:URL検査

 

URL検査では、自分の記事に関するさまざまなことを検査してくれます。

 

例えば、以下のようなことですね。

 

  • クローラーが来た最終日
  • ページのインデックス状況
  • Googleによって認識されているURL

『クローラー』とは、365日24時間すべてのサイトを見て回っているインターネット上のロボット。『インデックス』とは、データベースに保存されることです。

 

特に、『ページのインデックス状況』はSEOにも関わってくることなので、しっかりチェックしておきましょう。

 

Googleサーチコンソールで必ず見ておきべき項目その③:カバレッジ

 

カバレッジでは、サイト内の記事に『エラー』となる記事があるかどうかが分かります。

 

エラーがあった場合は原因も書かれているので、しっかり対処することで改善することが可能。

 

上手く利用して、信頼性の高いサイトへと仕上げていきましょう。

 

Googleサーチコンソールで必ず見ておきべき項目その④:リンク

 

リンクでは、『外部リンク』『内部リンク』が貼られている記事や数を確認できます。

 

外部リンクが多く貼られることによって、Googleからの評価がグンと高まるので、外部リンクは多ければ多いほど最高。

 

ぜひ、多くの外部リンクを貼ってもらえるように、努力していきましょう!

 

まとめ:Googleサーチコンソールを使って、収益化を加速させましょう

 

Googleサーチコンソールを使うと、たくさんの情報を収集でき、サイトの改善に大いに役立てることができます。

 

Googleアナリティクスと合わせて使うことで、役立つ情報がさらに増えるので、上手く2つを使いこなすことも大切です。

 

サーチコンソールを使って戦略を立てることで、ブログの収益化を加速させることができるので、しっかりチェックするようにしましょう。

 

-ブログ

© 2021 デカブログ Powered by AFFINGER5