ブログ

WordPressでGoogleアナリティクスを登録する【手順&見方】

Designed by rawpixel.com / Freepik

 

WordPressでのブログ運営には、GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)が必須って聞いたんだけど、どうやって登録すればいいの?登録するときの手順と、使い方もついでに知っておきたい。

 

このような疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • WordPressでGoogleアナリティクスを登録する手順
  • Googleアナリティクスで必ず見ておくべき項目3つ
  • Googleアナリティクスを使って、効率よく集客しましょう

 

本記事では上記の通り、Googleアナリティクスの設定方法と見るべき項目(使い方)について、画像を使いつつ解説していきます。

 

『Googleアナリティクス』とは、サイトを見てくれた人数や滞在時間などが分析できる、Googleの無料ツールです。

 

本当に無料なのか、疑うレベルの機能です!

 

無料でありながらも性能がよく、使い勝手もいいので、ブロガーの方ならほとんどの人が導入しています。

 

また、『Googleアナリティクス』の兄弟のような存在である『Googleサーチコンソール』という無料ツールもあり、こちらも必須。

 

下記記事で、Googleサーチコンソールの設定方法から見るべき箇所(使い方)まで解説しているので、よければそちらもご覧ください。

 

WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する【手順&見方】

続きを見る

 

それでは、Googleアナリティクスの登録手順から解説しますね。

 

WordPressでGoogleアナリティクスを登録する手順【たった2ステップ】

 

WordPressでグーグルアナリティクスを設定する手順は、以下の通り。

 

WordPressでグーグルアナリティクスを設定する手順

  1. GoogleAnalyticsに登録する
  2. WordPressでトラッキング設定を行う

 

前提として、この手順では『Googleアカウント』が必要なので、ない人は先に作っておきましょう。

 

>>Googleアカウントの作成はコチラ

 

それでは、それぞれ説明していきますね。

 

WordPressでGoogleAnalyticsを設定する手順その①:GoogleAnalyticsに登録する

 

まずは、GoogleAnalyticsへアクセスし、『無料で利用する』をクリック。

 

 

次に『アカウントの作成』というページが出てくるので、『新しいアカウント名』の欄に好きなアカウント名を入力します。

 

 

そのまま下へスクロールしていき、以下の4つの項目は『すべてチェックがついたまま』でOK。

 

 

そして、その下の『次へ』をクリックします。

 

 

すると、測定の対象を設定するステップへと移るので、『ウェブ』を選択。

 

 

そして、『次へ』をクリックします。

 

 

今度は、自身のウェブサイトついて詳しく聞かれるので、それぞれ以下のように解答しましょう。

 

 

各項目の設定方法

  • ①:自身のウェブサイト名を入力。
  • ②:サイトのSSL化が出来ている人は、左の『https://』を選択し(SSL化が出来てない人は『http://』を選択)、右に自身のサイトURL入力しましょう。
  • ③:自身のウェブサイトの業種(サイトの種別)を選択。
  • ④:住んでいる国を選択。

 

すべて設定し終えると、『作成』をクリックします。

 

すると、Googleアナリティクスの利用規約が表示されるので、以下の2か所にチェックを入れ、『同意する』をクリック。

 

 

次に、以下の画面が出てくれば、Googleアナリティクス側の設定はとりあえず終了。

 

 

次は、『トラッキングコード』の設定に移ります!

 

WordPressでGoogleAnalyticsを設定する手順その②:WordPressでトラッキング設定を行う

 

この段階では、WordPress側での『トラッキングコード』の設定を行っていきます。

 

『トラッキングコード』とは?

『トラッキングコード』とは、Googleアナリティクスが提供している、Webサイトのアクセスデータを取得するためのコード。だいたい理解できればOKです。

 

このトラッキングコードの設定方法は、以下の3つがあります。

 

  1. 『All in One SEO Park』を使う
  2. WordPressのテーマヘッダーで設定【難易度高め】
  3. WordPressテーマに貼り付けて設定

できそうな方法を1つ選び、併用しないようにしましょう。

 

おすすめは③ですが、Googleアナリティクスと連携できるWordPressテーマは限られているので、①が無難です。

 

それでは、それぞれ解説しますね。

 

設定方法その①:『All in One SEO Park』を使う

 

まず1つ目は、『All in One SEO Park』というプラグインを使う方法です。

 

始めに、先ほどの画面の『トラッキングID』をコピーしておきましょう。

 

 

次に、『All in One SEO Park』をインストールしていない人は、『プラグイン』→『新規追加』より以下のものを探して、インストール。

 

 

インストールして有効化できたら、『All in One SEO Park』→『一般設定』より『Google アナリティクス』の箇所を探します。

 

 

見つかったら、『Google アナリティクス ID』の欄を探し、先ほどコピーしたトラッキングIDを貼り付けます。

 

最後に、『設定を更新』をクリックすれば、この方法は完了です。

 

設定方法その②:WordPressのテーマヘッダーで設定【難易度高め】

 

この方法は、WordPressテーマを編集するので、念のためにバックアップを取っておくと良いでしょう。

 

まず、Googleアナリティクスの管理画面の、下の長い文字の羅列をすべてコピーします。

 

 

それを、WordPress管理画面の『外観』→『テーマエディター』より、以下の画面に映ります。

 

 

右の欄から『テーマヘッダー』を探し、『</head>』の上に、さっきコピーしたものを貼り付けましょう。

 

貼り付けが終わり、『ファイルを更新』をクリックすれば、この方法は完了です。

 

設定方法その③:WordPressテーマに貼り付けて設定【AFFINFER5の設定例】

 

Googleアナリティクスは、使用している『WordPressテーマ』によって、簡単に連携することもできます。

 

当ブログは、AFFINGER5(アフィンガー5)というWordPressテーマを使っているので、今回はAFFINGER5を使った設定方法を紹介します。

 

まずは、設定方法その①と同じように、アナリティクスの管理画面から『トラッキングID』『UA-』以降をコピーします。

 

 

次に、『AFFINGER5管理』→『Google 広告 AMP』→『Google連携に関する設定』より、アナリティクスコードを埋め込む欄にさっきコピーしたものを貼り付けます。

 

 

そして、『save』をクリックすると、完了です。

 

おつかれさまです!次は、Googleアナリティクスで、最低限見るべき項目について解説しますね。

 

Googleアナリティクスで必ず見ておくべき項目3つ

 

Googleアナリティクスで必ず見ておくべき項目は、以下の3つ。

 

Googleアナリティクスで必ず見ておくべき項目3つ

  1. ユーザー サマリー
  2. 集客 サマリー
  3. 行動 サマリー

 

それぞれ説明していきます。

 

Googleアナリティクスで必ず見ておくべき項目①:ユーザー サマリー

 

ユーザー サマリーは、アナリティクス管理画面の『ユーザー』→『概要』から見ることができます。

 

ユーザー サマリーで見ることができる主な項目は、以下の5つ。

 

  • ユーザー数:自身のサイトを訪れた人数。
  • 新規ユーザー数:新しく自身のサイトを訪れた人数。
  • セッション数:自身のサイトを訪れた回数。
  • ページビュー数:自身のサイトで見られたページ数。
  • 直帰率:ユーザーが自身のサイトを1ページだけ見て、すぐに離脱した割合。

 

計測する期間を指定することもできるので、『いつ』『どれくらい』伸びたかを簡単に見ることができます。

 

さらに、グラフで表す対象を下記の場所から変更することができ、より分かりやすくなります。

 

 

Googleアナリティクスで必ず見ておくべき項目②:集客 サマリー

 

集客 サマリーは、アナリティクス管理画面の『集客』→『概要』より見ることができます。

 

ここでは、ユーザーがどこから訪問してくれたのかを確認でき、それぞれ以下のような言葉で表されます。

 

  • Organic Search:『Google』や『Yahoo!』などの検索エンジンから訪問。
  • Paid Search:検索エンジンの『リスティング広告』から訪問。
  • Social:『Twitter』や『Instagram』などのソーシャルメディアから訪問。
  • Referral:他のサイトに貼られた外部リンクから訪問。
  • Direct:ブックマークやURLを直接入力して訪問。

 

つまり、SEO対策がきちんとできていれば、『Organic Search』が大きな割合を占めることになります。

 

『SEO対策』とは?

『SEO』とは『Search Engine Optimization』の略で、検索エンジン最適化という意味。つまり、『SEO対策』とは、より多く検索されるための対策、ということです。

 

サイトを訪問するときは、たいてい検索エンジンからなので、『Organic Search』の競争は激しくなります。

 

なので、これからは『Social』など、他のメディアからの訪問を増やすことが大切になってきますよ。

 

Googleアナリティクスで必ず見ておくべき項目③:行動 サマリー

 

行動 サマリーは、アナリティクス管理画面の『行動』→『概要』より見ることができます。

 

ここでは、良く見られているページがどれかが一瞬で分かり、クリックすると詳細な『滞在時間』や『直帰率』も調べられます。

 

『ランディングページ』と『離脱ページ』も大切

 

『ランディングページ』とは、ユーザーがサイトで見た初めてのページのことで、サイトの人気の入り口を把握できます。

 

逆に『離脱ページ』とは、ユーザーが離脱したページのことで、どこがダメなサイトなのかを教えてくれます。

 

これら2つのページを知ることによって、どのページを改善すればよいかを調べることができるので、超重要。

 

ひとことメモ

記事を改善し、書き直すことを『リライトする』と言うことが多いので、ぜひ覚えておきましょう。

 

では、『ランディングページ』『離脱ページ』を見ておきましょう。

 

ランディングページは、アナリティクス管理画面の『行動』→『サイトコンテンツ』→『ランディングページ』より見れます。

 

 

離脱ページも同じく、アナリティクス管理画面の『行動』→『サイトコンテンツ』→『離脱ページ』より見れます。

 

 

これらのページを把握して、上手くリライトしていきましょう!

 

まとめ:Googleアナリティクスを使って効率よく集客しましょう

 

Googleアナリティクスを使うと、上記のように、サイト集客のヒントを得ることができます。

 

さらに、Googleアナリティクスと併用することが多い『Googleサーチコンソール』というツールもあります。

 

なので、まだ設定していない人は、Googleサーチコンソールもついでに設定しておくといいでしょう。

 

-ブログ

© 2021 デカブログ Powered by AFFINGER5