Study

『標準問題 特訓リーディング』の特徴と使い方【関関同立・MARCH】

Designed by studiogstock / Freepik

 

『標準問題 特訓リーディング』ってどんな参考書?特徴や使うべき人について教えて欲しい。

 

このような疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • 『標準問題 特訓リーディング』の3つの特徴
  • 『標準問題 特訓リーディング』はこんな人におすすめ
  • 『標準問題 特訓リーディング』の次に使うべき参考書3選

 

この『標準問題 特訓リーディング』は、あまり知られていないですが、英語長文の参考書として革命レベルのすごさです。

 

本記事では、その『標準問題 特訓リーディング』について、詳しく解説していきます。

 

『標準問題 特訓リーディング』の3つの特徴

 

 

『標準問題 特訓リーディング』の特徴は次の3つ。

 

  1. 解説がとても丁寧
  2. 論理読解について解説している
  3. 音声が付いている

 

詳しく解説します。

 

特徴その①:解説がとても丁寧

 

まず、すべての長文において構造分析がされており、SVOCがふってあります。

 

特訓リーディングでは構造分析だけでなく、

 

この英文は、文章全体の中でテーマの役割です。

男の先生

 

 

 

この英文は、筆者の主張です。

女の先生

 

 

 

 

このようなことや、下記のような内容も書かれています。

 

  • 修飾関係
  • 文法の説明
  • 段落の要点

 

つまり、特訓リーデングでは受験生が知りたいことがほとんど書かれています。

 

構文についても詳しく解説

 

特訓リーディングでは『構文ポイント』という枠があり、長文の中でポイントとなる構文について詳しく解説しています。

 

ここでは『名詞構文』などの訳しにくい構文なども解説していて、長文を読むにあたって必須のスキルばかり。

 

受験生が引っ掛かりやすく分かりにくい所ばかりなので、めちゃくちゃ親切です。

 

特徴その②:論理読解について解説している

 

論理読解って何?

 

このように思う方もいると思うので、解説しておきます。

 

速読が出来る人は自然と行っています

 

『論理読解』とは、英文の論理関係を考えながら読み進めていく読解方法です。

 

長文をスラスラ読める人は自然と行っていますが、まだ勉強し始めた人には難しい技術。

 

論理読解ができるようになると、下記のように速読ができるようになります。

 

  1. 論理読解ができる
  2. 文章の要点を押さえられる
  3. 次に来る英文が予測できる
  4. 必要ない場所は軽く流せる
  5. 速読ができる

 

つまり、速読が出来ていない人は、必要のない箇所まで必死に和訳しようとして、時間がかかっているんです。

 

必要のない箇所は、サラッと流す勇気が大切です。

 

速読ができない人は予測ができていない

 

基本的に、英文を速く正確に読めない人の特徴は次の3つ。

 

  • 次に来る英文を予測できていない
  • 読み方に緩急をつけられていない
  • 主張と具体例をうまく把握できていない

 

論理読解を習得すると、これらすべてができるようになるので、論理読解は必要不可欠です。

 

特徴その③:音声がついている

 

特訓リーディングには『標準編』『上級編』どちらとも音声がついていて、音読やシャドーイングをすることができます。

 

長文は復習することに意味があります

 

長文は1度問題を解き終えると、

 

どんどん新しい長文読まないと。

焦って勉強する学生

 

 

 

 

このように考えている人が多いですが、これは絶対にNG。

 

解き終わった長文は、後から音読やシャドーイングなどで復習をして初めて、解いた効果が得られるのです。

 

1回解いただけで、要点をすべて押さえられるならいいですが、ほとんどの人はできないので、音声を活用して音読やシャドーイングを行いましょう。

 

 

『標準問題 特訓リーディング』はこんな人におすすめ

 

次の項目に当てはまる人は、『標準問題 特訓リーディング』を使うべき。

 

  1. 関関同立・MARCH志望
  2. 速読が出来るようになりたい
  3. 英文解釈の基礎が出来ている
  4. 音声を使って効率的に勉強したい

 

詳しく解説していきます。

 

その①:関関同立・MARCH志望

 

そもそも『標準問題 特訓リーディング』は、関関同立・MARCHの人を対象として書いているので、当たり前っちゃ当たり前です。

 

特訓リーディングでは語数が下記のようになっていて、

 

  • 第1章 300~400語
  • 第2章 400~500語
  • 第3章 500~600語

あくまで目安です

 

関関同立・MARCH志望の人には程よい難易度になっています。

 

関関同立・MARCHの長文の語数はもう少し多いかもですが、これくらいの分量が読めなければ過去問も上手く読めないので、300~600語で十分。

 

そもそも内容的にも読みにくい文章が多いので、語数が少なくても難しいです。

 

その②:速読が出来るようになりたい

 

長文を読むスピードが遅くて、悩んでいる人は、この参考書で論理読解をマスターするのが、1番の近道。

 

論理読解をしっかり使って、長文を読んでいる人は本当に少ないので、周りとも差をつけられます。

 

論理読解をここまで解説している参考書はあまりないので、本当にオススメです。

 

その③:英文解釈の基礎が出来ている

 

この参考書は、ある程度英文解釈の基礎ができていないと上手く読めないので、英文解釈をまだ勉強していない人はNG。

 

英文解釈をしないまま長文に挑戦するのは、武器を持たずに戦いに行くのと同じで、ほとんど成長できません。

 

英文解釈を勉強しないまま突撃してしまうと、内容を吸収するのに何倍もの時間がかかるので、絶対にやめましょう。

 

その④:音声を使って効率的に勉強したい

 

英語の学習において音声はとても大切ですが、長文においてもそれは同じ。

 

音声を使って勉強することで、以下の6つの効果が生まれます。

 

  • 発音が良くなる
  • 記憶に残りやすい
  • 読むスピードが上がる
  • 左から右へ読む癖がつく
  • 英語のまま理解しやすくなる
  • 長文内の構文を丸暗記できる

 

これほどのメリットがある、音読。しないわけにはいきません。

 

音読をすることで上記のような効果があるので、音声を使って勉強していきたい人にもオススメです。

 

音読の詳しいやり方は、下記の動画がかなり分かりやすいので、良かったら見てみてください。

 

 

 

『標準問題 特訓リーディング』の次に使うべき参考書3選

 

『標準問題 特訓リーディング』の次は以下の3冊がオススメ。

 

  • 英語長文 ハイパートレーニング 難関編
  • やっておきたい英語長文 700
  • 関正生の英語長文ポラリス 3 発展レベル

 

特訓リーディングで論理読解をある程度マスターできたら、新たな参考書で演習することも大切です。

 

これらの本は論理読解はできるようになって、力試しとして違う参考書で演習したい人にピッタリ。

 

ただ、上記の参考書はどれも難易度が高いので、必要かどうかをしっかり見極めて使うようにしましょう。

 

 

まとめ:気になった人は、ぜひチェックしておきましょう

 

『標準問題 特訓リーディング』の3つの特徴

  1. 解説がとても丁寧
  2. 論理読解について解説している
  3. 音声が付いている

 

『標準問題 特訓リーディング』はこんな人におすすめ

  1. 関関同立・MARCH志望
  2. 速読が出来るようになりたい
  3. 英文解釈の基礎が出来ている
  4. 音声を使って効率的に勉強したい

 

『標準問題 特訓リーディング』の次に使うべき参考書3選

  1. 英語長文 ハイパートレーニング 難関編
  2. やっておきたい英語長文 700
  3. 関正生の英語長文ポラリス 3 発展レベル

 

論理読解を解説している特訓リーディングは画期的な参考書なので、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

 

-Study

© 2021 デカブログ Powered by AFFINGER5