Study

『速読英熟語』の特徴や使い方を徹底解説【1番効率的な英熟語暗記】

Designed by pikisuperstar / Freepik

 

  • 『速読英熟語』ってどんな英熟語帳?
  • 『速読英熟語』はどんな人が使うべき?
  • 『速読英熟語』ってどう使えばいいの?

 

このような疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • 『速読英熟語』の4つの特徴
  • 『速読英熟語』はこんな人におすすめ
  • 『速読英熟語』の使い方3ステップ

 

『速読英熟語』の4つの特徴

 

 

『速読英熟語』には、以下の4つの特徴があります。

 

  1. 英文の中で英熟語を覚えるスタイル
  2. 別売りでCDがある
  3. 英文の内容がおもしろい
  4. 巻末に英文法の解説付き

 

詳しく説明していきます。

 

特徴その①:英文の中で英熟語を覚えるスタイル

 

速読英熟語の特徴といえば、『短めの英文のなかで英熟語を覚える』スタイル。

 

普通の英熟語帳だと、『左に熟語、右に日本語訳』というシンプルなスタイルですが、速読英熟語は全然違います。

 

この参考書では50個の英文があり、その中にいくつかの熟語や構文が散りばめられています。

 

そして、英文を音読したりして内容を染み込ませていくことで、熟語や構文もいっきに覚えてしまおうという形式。

 

英熟語は覚えにくいものも多いので、この方法はかなりおすすめです!

 

この過程の中で、「長文が速く読めるようになった」という声もたくさんあるので、きちんと取り組むと速読もできるようになります。

 

この、速読英熟語からAmazonさんのレビュー欄を見れば、よくわかると思うので、気になる方はぜひ見てください。

 

 

特徴その②:別売りでCDがある

 

速読英熟語は別売りでCDがありますが、このCDが本当に大切なんです。

 

理由は、『音読が出来るから』。

 

速読英熟語で音読をすると、以下のサイクルが生まれ、熟語を覚えやすくなります。

 

  1. 音読をする
  2. 聴覚を使うので、覚えやすくなる
  3. 英文を構文や熟語ごと覚える

 

熟語をそのまま覚えるのは難しいので、このように英文ごと覚えてしまうのが、1番手っ取り早いんです。

 

例えば、『turn out~』=『~だと分かる』という熟語がありますが、『turn』の語源は『何かを変える』なので、『分かる』には結びつかないですよね。

 

だからこそ、CDは買っておくべき。

 

特徴その③:英文の内容がおもしろい

 

速読英熟語の英文の内容は、受験生でも読みやすいものばかりで、飽きにくいのが特徴。

 

ぶっちゃけ日本語訳の部分だけを読んでもおもしろく、200語前後の程よい長さなので、全く飽きません。

 

出題されている大学も多岐にわたっており、以下のような有名大学も入っています。

 

  • 旧帝大
  • 関関同立
  • MARCH

 

ユーモアにあふれた文もたくさんあり、長文が苦手な人でも気にすることはありません。

 

特徴その④:巻末に英文法の解説付き

 

速読英熟語は、巻末で英文法を簡潔に解説していて、英文内で分からない文法があれば、すぐにチェックできます。

 

前置詞の意味を解説しているページもあり、熟語のイメージを掴むのをサポートしてくれます。

 

英熟語では『なぜその組み合わせで、その意味になるのか理解できない』場面が多々ありますよね。

 

これを回避するには、

 

  • 英文ごと覚える
  • 前置詞のイメージを掴む

 

この2つがあり、音読で英文ごと覚えられるので、前置詞のイメージを掴めばさらに効率が上がります。

 

例えば、『into』は『何かにのめり込む』という意味を持っており、『be into~』=『~に夢中である』といった意味になります。

 

このように、前置詞のイメージを持っておけば、熟語が飛躍的に覚えやすくなります。

 

『速読英熟語』はこんな人におすすめ

 

以下のチェックリストに当てはまる人は、『速読英熟語』を使うべき。

 

  • 英文の中で英熟語を覚えたい
  • 速読が出来るようになりたい
  • 英単語や英文法がある程度分かる

 

詳しく解説します。

 

その①:英文の中で英熟語を覚えたい

 

普通のシンプルな熟語帳は、

 

  • 左に熟語
  • 右に和訳

 

このようなシンプルな構成が多いですが、これだと飽きてしまう人も多いと思います。

 

しかし、速読英熟語は面白い内容の英文の中で覚えられるので、楽しみながら覚えることができ、続けやすいです。

 

なので、英文の中で英熟語を覚えてしまいたいという人は、迷わず速読英熟語を使いましょう。

 

その②:速読ができるようになりたい

 

速読英熟語は名前の通り、マスターすると簡単な文章は速読できるようになるので、速読が出来ない人にもおすすめ。

 

目安でいうと、センター試験(共通テスト)レベルぐらいの文章は、スラスラ読めるようになります。

 

以下のような難関大の文章も入っていますが、

 

  • 旧帝大
  • 関関同立
  • MARCH

 

文の構造はさほど難しくないので、心配しなくてOK。

 

熟語を学べて、速読もできるようになるので、一石二鳥です!

 

その③:英単語や英文法がある程度分かる

 

速読英熟語は熟語帳ですが、長文を読んでいく上で最低限の英単語や文法の知識は必須です。

 

目安としては、以下のような感じ。

 

  • 英単語を500語以上覚えている
  • 基本的な英文法の用語はすべて分かる
  • 簡単な1文を訳すことができる

あくまで目安なので、参考程度に。

 

このような知識が一切ないまま速読英熟語に入ると、内容が吸収できないので、最低限の英語の知識がある人が使いましょう。

 

『速読英熟語』の使い方3ステップ

 

『速読英熟語』は、以下の3ステップに沿って使えばOK。

 

  1. 英文内の熟語と構文の確認
  2. 英文をじっくり精読する
  3. 英文を繰り返し音読する

 

それぞれ解説しますね。

 

ステップ①:英文内の熟語と構文の確認

 

英文と和訳が書いてある次のページに、熟語と構文が書いてあるページがあるので、まずはどんな熟語や構文があるかチェックしておきましょう。

 

このステップで、以下の2つの分けて、

 

  • 既に知っているもの
  • 全く知らないもの

 

知らないものに何かしるしをつけておくと、より分かりやすいのでオススメです。

 

ポイント

始めは分からないものだらけだと思いますが、気にせずに進めていくのが大切。

 

ステップ②:英文をじっくり精読する

 

とりあえず熟語や構文をチェックしたら、和訳と照らし合わせながら英文を精読していきましょう。

 

ここで気をつけることは、以下の3つ。

 

  • 分からない単語・文法は調べておく
  • 和訳と照らし合わせて分からない所は解決しておく
  • 英文の全体的な流れをしっかり把握しておく

ここをしっかり行わないと、音読の意味が激減するので注意。

 

分からない箇所は隅々まで調べて、疑問を残さないことが、内容を速く吸収できる秘訣です。

 

意味があまり分からないまま、英文を読んでいても音読の成果が出ないので、この作業はきちんと行いましょう。

 

少し大変な作業かもしれないけど、がんばりましょう!

 

ステップ③:英文を繰り返し音読する

 

英文がしっかり精読できれば、あとは『音読』です。

 

以下の順番で音読していくと、効果的です。

 

  1. CDを聴いて、ゆっくり発音を確認
  2. 文意をつかみながら、じっくり音読
  3. 何も見ずに、意味を掴みながら音読
  4. 文を見ながらCDを聴き、ついていくように音読
  5. 文を見ずにCDを聴き、ついていくように音読(シャドーイング)

 

このように、最終的には何も見ずにCDを聴きながら、音読ができれば完璧です。

 

シャドーイングができるようになると、速読の上達スピードがグンと上がるので、早くそこまでたどり着くことが大切。

だからといって、シャドーイングまでの作業を適当にしてはいけません。

 

まとめ:速読英熟語を使って、熟語を効率的に覚えましょう

 

『速読英熟語』の4つの特徴

  1. 英文の中で英熟語を覚えるスタイル
  2. 別売りでCDがある
  3. 英文の内容がおもしろい
  4. 巻末に英文法の解説付き

 

『速読英熟語』はこんな人におすすめ

  1. 英文の中で英熟語を覚えたい
  2. 速読が出来るようになりたい
  3. 英単語や英文法がある程度分かる

 

『速読英熟語』の使い方3ステップ

  1. 英文内の熟語と構文の確認
  2. 英文をじっくり精読する
  3. 英文を繰り返し音読する

 

速読英熟語は『熟語が覚えられる』だけでなく、『速読』も可能にしてくれる、画期的な英熟語帳です。

 

速読英熟語を使うことで、センターレベルの英文がスラスラ読めるようになったという感想は多く、評価もかなり高いです。

 

速読英熟語からAmazonさんのレビューも見れるので、良かったら見てみてください。

 

少しでも気になった方は、ぜひ使ってみましょう。

 

-Study

© 2021 デカブログ Powered by AFFINGER5